年を取るたびに増えていく肌悩み。シミ、しわ、たるみ、くすみに乾燥、そして肌荒れ…。

40を過ぎた今では、悩む原因に事欠かなくなっています。そんな悩み多き肌にぴちぴちしたうるおいをもたらしてくれた奇跡の美容液が、ラメラエッセンスCです。

フェース生コラーゲンを配合していて、ネットに投稿されている口コミでも

  • 肌がしっとりもちもちする!
  • 肌にスーッと浸透する!
  • 乾燥小じわに効く!

などの感想が多く見られて、なかなか好評です!

このラメラエッセンスCですが、使い続けるうちにカサツキや吹き出物などの肌荒れが改善したという口コミも見られます。

生コラーゲンでもちもちとしたハリのある肌になるのはわかるけど、肌荒れが改善するってホントなんでしょうか?

私がラメラエッセンスCを3週間使ったときには、特にニキビや肌荒れなどのトラブルが起きていませんでした。

ですからラメラエッセンスCに肌荒れ改善効果があるのかどうかについては、イマイチ実感できていません。
ですが、確かに使用前よりも使用後の方がキレイな肌になっている感じはします。

なぜラメラエッセンスCで肌荒れが改善するのか、気になるラメラエッセンスCと肌荒れの関係について調査してみました!

肌荒れの原因は?

まずはくすみやカサツキ、かゆみ、赤み、炎症などの肌荒れの諸症状が起きる原因を考えてみます。
肌荒れの原因は大きく分けて3つあります。

1.肌のバリア機能の低下

肌の栄養不足や水分不足、紫外線ダメージなどの外的刺激を受けると、肌のバリア機能が低下してしまいます。

バリア機能が低下した肌は皮脂の過剰分泌によるニキビの炎症や乾燥による肌のカサツキなど、さまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。

2.ターンオーバーの乱れ

不摂生な生活やストレスによって肌のターンオーバーが乱れると、以下のような状態になります。

  • ターンオーバーの周期が短すぎる
    未熟な角質細胞が表皮に現われることで、肌のバリア機能が弱まってしまいます。
    バリア機能の低下によって肌荒れの諸症状が起きやすくなることはすでに述べた通りです。
  • ターンオーバーの周期が長すぎる
    古い角質細胞が肌に残ったままになり、新しい肌に生まれ変わることができなくなってしまいます。
    肌の表面に残った古い角質は、くすみやごわつきの原因になります。
    また、古い角質が肌の表面を覆っていることで、化粧品成分や水分が肌内部に浸透しにくくなってしまいます。
3.ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると肌が敏感になり、肌荒れの諸症状が見られることがあります。
女性が生理前に肌荒れを起こしやすいのも、ホルモンバランスが乱れているからです。 

この3つの肌荒れの原因のうち、ラメラエッセンスCは1と2に対して働きかけてくれます。
ラメラエッセンスCが肌荒れの原因に対してどのようにアプローチするのか、詳しく見ていきたいと思います。

ラメラエッセンスCを使い続けると肌荒れしにくくなる

ここでちょっとラメラエッセンスCについて思い出して見て下さい!
ラメラエッセンスCに期待できる効果は、「生体リン脂質でできたナノカプセルが生コラーゲンを肌内部に届けて、角質層内のラメラ構造を正常な状態に導くこと」でした。

ラメラ構造は、肌のバリア機能を担う部分です。
ラメラ構造が乱れると角質の細胞と細胞の間にすきまができてしまいます。

ラメラ構造が乱れた肌は、

  • 肌内部から水分が失われてカサカサの肌になる!
  • 紫外線など外部からのダメージを受けやすくなり活性酸素が増える!

という状態になり、肌荒れなどのトラブルを起こしやすくなってしまうのです。

バリア機能が低下した肌にラメラエッセンスCを与えると、生体リン脂質と生コラーゲンが角質細胞のすきまを埋めて、ラメラ構造の乱れが正常化します。つまり、肌が本来の健康な状態を取り戻すということなんです。

バリア機能が正常に働いている肌は、乾燥や紫外線によるダメージを受けにくくなります。

ラメラエッセンスCを毎日使い続けていると、下記のように健康的なサイクルになるのです。

  1. 低下したバリア機能をラメラエッセンスCが修復

  2. 肌荒れから回復して健康な肌になる

  3. ラメラエッセンスCを使い続けることで正常なバリア機能が維持されている

  4. ダメージを受けにくい

  5. 肌荒れになりにくい!

「ラメラエッセンスCで肌荒れが改善した!」という口コミが見られたのは、ラメラエッセンスCでバリア機能が正常化したからだと考えられます。

ラメラエッセンスCに配合されているビタミンC配糖体にも肌荒れを防ぐ効果が!

ラメラエッセンスCには肌荒れのもう1つの原因である「ターンオーバーの乱れ」に働きかける成分も配合されています。
それが、ビタミンC配糖体です!

肌に浸透しにくいビタミンCの安定性を高めたビタミンC配糖体には、肌のターンオーバーを正常化する働きがあります。

ターンオーバーの正常化、つまりは肌荒れの原因の1つであるターンオーバーの乱れを改善するということですね。

肌のバリア機能やターンオーバーが正常に行われていると、肌荒れが改善できるだけでなく、肌にハリとうるおいが生まれます。

セイヨウナツユキソウ花エキスには抗炎症作用による肌荒れ防止効果も!

さらに、ラメラエッセンスCには抗炎症作用によって肌荒れを防ぐセイヨウナツユキソウ花エキスが配合されているんです。

セイヨウナツユキソウはメドウスイートとも呼ばれ、

  • サリチル酸塩
  • タンニン
  • フラボノイド

を含んでいます。

サリチル酸は抗菌作用や角質を剥離する作用があり、ニキビ治療薬にも使用されている成分です。「角質を剥離する」というと肌がベリッと剥がれて痛そうなイメージがありますが、もちろんそんな危ない成分を化粧品に配合するわけはありません。

サリチル酸の角質剥離作用とは、古くなった角質を溶かして柔らかくすることです。ターンオーバーの乱れによって古い角質がいつまでも肌に残っていると、毛穴に角質がつまって皮脂が排出できず、ニキビが炎症を起こすことがあります。

サリチル酸によって古い角質が柔らかくなると肌から自然に剥がれやすくなり、炎症や肌荒れを予防できるのです。

このサリチル酸の角質を剥離する作用や抗菌作用、そしてタンニンやフラボノイドが持つ抗酸化作用が肌荒れ防止に役立ちます。

ラメラエッセンスCは、生コラーゲン以外の美容成分も優秀だったことがわかりましたね♪

ラメラエッセンスCで肌荒れ知らずの美肌をつくる!

ラメラエッセンスCと肌荒れの関係についての情報をまとめると、次のようになります。

  • ラメラエッセンスCのフェース生コラーゲンは、肌のバリア機能を正常化して肌荒れを原因から防ぎます。
  • ラメラエッセンスCのビタミンC配糖体は、ターンオーバーを正常化して肌荒れの原因を防ぎます。
  • ラメラエッセンスCに配合されているセイヨウナツユキソウ花エキスは、抗菌作用、角質剥離作用、抗酸化作用によって炎症や肌荒れを予防します。

ラメラエッセンスCは肌にハリとうるおいをもたらす以外に、肌荒れを改善してくれる効果も期待できることがわかりましたね!

何度も繰り返す肌トラブルに悩んでいる人は、ラメラエッセンスCで肌の内側から改善してみてはいかがでしょうか?