コラーゲンが若々しいハリのある肌の源であることはよく知られています。

年齢とともに減少するコラーゲンを補うために、サプリやドリンク、コラーゲンを配合した基礎化粧品が数多く発売されていることからも、重要性がわかりますよね。

中でもアンチエイジングに効果抜群と評判が高まっているのが、生コラーゲン配合の美容液です。

生コラーゲン美容液にはどんな効果があるの?

コラーゲンは真皮を始め、靭帯や腱、関節などを構成するタンパク質の一つで、人間の体内には30種類近くが存在しています。
このうち、最も量が多いのが肌の弾力やハリの源である1型コラーゲンです。

生コラーゲンって何が違うの?
1型コラーゲンは線維性で三重らせん構造をしています。
これが集まることで、肌や骨に弾力や強度が生み出されるのです。

また、この三重らせん構造は周囲に水分を保持する性質を持っています。

つまり、I型コラーゲンの量が豊富であれば、肌には弾力だけでなくたっぷりの水分も蓄えられることになるのです。

しかし、基礎化粧品に使用されるコラーゲンは、加熱処理のため、三重らせん構造が破壊されています。

処理されたコラーゲンでも水分を捕まえる働きはありますが、三重らせん構造状態のものに比べるとその効果は半分以下。

決して効果がないわけではないのですが、ちょっと物足りなく感じてしまいますよね。

生コラーゲンは熱を加えないことで、三重らせん構造を維持しているコラーゲンのことです。

そのため、一般的な化粧品に配合されている加水分解コラーゲンの約600倍と言われるほど保湿力・保水力が高く、肌の潤いやハリを維持する効果に優れています。

分子自体は非加熱コラーゲンよりも大きいので、角質層に浸透しづらいのですが、もともと体内にあるⅠ型コラーゲンと同じ構造で肌になじみやすいのがメリットです。

生コラーゲン美容液の主な効果

表皮の一番上にある角質層の厚さはわずか0.02ミリ。
その内部は水分層と油分層が交互に何層も重なっています(ラメラ構造)。

天然のバリアとして外部からの刺激や異物の侵入を防ぎ、水分と油分のバランスを保って、みずみずしくハリのある肌を作っています。

しかし、加齢によってコラーゲンの生成が減少し、肌から水分が失われると、シワやたるみの原因になるだけでなく、バリア機能が低下して肌荒れやニキビ、乾燥などのトラブルが起こりやすくなります。

生コラーゲン美容液はこうしたコラーゲン不足を補い、ラメラ構造を整えてくれます。
特に40代以降の肌には、たっぷりの保水力でハリと弾力を取り戻してくれるアンチエイジング効果でおすすめです。

生コラーゲン美容液はどこがすごいの?
生コラーゲンを配合した美容液は、さまざまなメーカーから発売されています。それぞれに特徴がありますが、共通しているのは冷蔵保存が基本ということです。

三重らせん構造が加熱処理で壊れてしまうことからもわかるように、コラーゲンは熱に弱く、約25度で変性が起こり、ゼラチンコラーゲンになってしまうのです。

もちろんゼラチンコラーゲンになった状態でも使えなくはありませんが、生コラーゲンとは効果に差があるということは知っておくべきでしょう。

また、生コラーゲン美容液の多くは、分子が大きく浸透しにくいという弱点を克服して、浸透力を高めたり、分子サイズの異なるコラーゲンと組み合わせて相乗効果が得られるように工夫されています。

生コラーゲン美容液によって十分な水分を保持した肌は、バリア機能が正常に働くためトラブルが起きにくくなります。ご存知のように、乾燥は美肌の大敵。

一見無縁に思えるニキビも、乾燥が原因でできるものがあるのです。もちろんコラーゲン本来の働きで肌の土台をしっかり固めるので、シワやたるみ、ほうれい線なども改善できます。

まとめると、生コラーゲン美容液によって期待できる効果は、

  • シワやたるみの改善
  • 肌のバリア機能回復・維持
  • 保湿
  • 肌のターンオーバー促進
  • 毛穴の引き締め
  • シミやソバカスを改善、美白
  • 肌にハリや弾力を与える

などです。

併せて知っておきたいコラーゲンの構造

コラーゲンは表皮の下にある真皮層の大部分を占める、網状層の主成分です。この隙間に同じくタンパク質から成るエラスチンが存在し、絡み合ってマットレスのような構造になっており、肌の弾力や強度を作り出しています。

真皮層はいわば肌の土台というべき部分。コラーゲンが減少して、網状層がゆるんでくると、当然その上の表皮層も崩れてきます。加齢や紫外線によって真皮がダメージを受けると、シワやたるみが表れるのにはこうした理由があるのです。

生コラーゲン美容液はこんな人におすすめ

生コラーゲン美容液は特にアンチエイジング目的の人におすすめですが、もちろんシワやたるみ、美白、乾燥など肌全般に悩みのある人なら年齢に関係なく使うことができます。

また、産後や授乳期は、ホルモンバランスが乱れている上、忙しくて自分のケアまではなかなか気が回らず、肌の衰えやトラブルが起きやすい時期です。オールインワンタイプの生コラーゲン美容液なら、子育て中で忙しい人でも簡単にお手入れが完了するのでおすすめです。

生コラーゲン美容液って高くない?

「コラーゲン美容液の効果は確かみたい、でも値段が高いんじゃないの?」

確かに一般的な基礎化粧品に比べると、生コラーゲン美容液はやや高めに感じるかもしれません。

しかし、一回あたりの使用量は1~3プッシュ程度、1本で1~1ヶ月半は使用可能です。生コラーゲン美容液の効果やエステに行くことを考えれば、むしろリーズナブルではないでしょうか?

オールインワンタイプなら他の基礎化粧品が必要ないので、さらに費用を抑えることができます。

また、生コラーゲン美容液によっては、定期購入制を用意しているものもあります。毎月購入することで価格が割引になるので、活用したいですね。
続けて使うことで効果アップも期待できます。

生コラーゲン美容液の効果的な使い方

生コラーゲン美容液は洗顔後、普段の基礎化粧品の前に使用します。
適量を手に取り、シワやたるみ、乾燥が気になる部分を中心に、肌に優しく伸ばしていきましょう。顔全体に塗ったら、手の平で軽く押さえると浸透力がさらに高まります。

その後、いつもどおりのスキンケアをしてください。オールインワンタイプなら美容液だけでOKですが、乾燥肌の人は肌の状態に応じて化粧水や乳液をプラスするとよいでしょう。

生コラーゲン美容液の注意点

生コラーゲン美容液を、効果が早く欲しいからと適量より多く使うのは避けましょう。

たくさん使ってもその分効果が高まるわけではありませんし、かえって肌に浸透しづらかったり、べたついたりして無駄になってしまう恐れがあります。

正しい使い方でお手入れを続けることが、結局は効果を実感する一番の早道なのです。

また、生コラーゲンには使用期限があります。添加物不使用なことが多いので、冷蔵保存してもあまり長持ちはしません。開封したら1ヶ月をめどに使い切るようにしましょう。

そして、動物性タンパク質やゼラチンにアレルギーのある人は注意してください。肌につけることでアレルギー反応が表れる可能性があるので、医師に相談してから使うようにし、肌に異常があったらすぐに使用を中止しましょう。

生コラーゲン美容液の効果を体感してみて!

ある程度の年齢になると、それまでのスキンケアでは肌のハリや弾力を補うことが難しくなってきます。

クリームや美容液などのスペシャルケア、マッサージや美容家電を使ったお手入れもよいのですが、アンチエイジングのためにはまず減少したコラーゲンを補うことが必要。

生コラーゲン美容液を取り入れて、ぜひ効果を体感してみてくださいね。