生コラーゲンで肌にハリを生むラメラエッセンスCは、ほうれい線やたるみに悩む人にぴったりの美容液です。

公式サイトではラメラエッセンスCが肌のラメラ構造に働きかけて、肌を内側から保湿してピーンとハリを生む仕組みが解説されています。

肌にハリが生まれることで、ほうれい線が浅くなったりたるみ毛穴が引きしまったりするわけですね。

このラメラエッセンスCのハリ効果は、二重あごのようなフェイスラインのたるみ解消にも役立つのでしょうか?

私がラメラエッセンスCを実際に使用したときの写真をもとに、効果があるかないかを判断したいと思います!

ラメラエッセンスC使用前と使用後の二重あごの変化!

まずは正面から見たときのあごの部分の変化を、ラメラエッセンスC使用前と3週間使用したあとの写真で比較したいと思います。

写真の上半分がラメラエッセンスC使用前、下半分がラメラエッセンスC使用後です。

ボテッとした印象だったフェイスラインがシュッとしまりのあるフェイスラインに変わっていると思いませんか?
二重あごも少しマシになった感じです。

横顔の写真ではもっと違いが分かりやすくなっています。
写真の左半分はラメラエッセンスC使用前、右半分はラメラエッセンスCを3週間使用したあとの写真です。

あごの下のたるみが目に見えて減っていますよね?

もちろん、ラメラエッセンスCだけでフェイスラインに変化が出たわけではありません。
二重あご解消のために、ローラー美顔器でのお手入れや表情筋エクササイズなども欠かしませんでした。

それでも、ラメラエッセンスCの助けなしでは3週間でここまで改善はしなかったのではないかと考えています。
私がそう考える理由について解説しますね!

ラメラエッセンスCが二重あごのたるみになぜ効くの?

そもそも二重あごになる原因って何でしょうか?
二重あごの原因となる要因は主に4つあります。

二重あごの原因4つ

1.肥満

顔についた脂肪が重力によって下方向に引っ張られて、二重あごになります。
ダイエットして痩せるか、首回りの筋肉を鍛えることで二重あごを解消することができます。

2.フェイスラインのたるみ

肌のハリ不足や表情筋の衰えによってフェイスライン周辺の皮膚の弾力が失われると、下方向に垂れ下がって二重あごの原因になります。

毎日のスキンケアで肌のハリを取り戻したり、表情筋エクササイズによって顔の筋肉を鍛えたりすることで二重あごを解消できます。

3.姿勢の悪さ

猫背やストレートネック(頸骨の湾曲不足)などの悪い姿勢は、あご下に脂肪がたまりやすくなり、二重あごの原因になります。

日常生活の中で意識して正しい姿勢をキープできるよう心がけることで、二重あごを解消することができます。

4.むくみ

顔周りの老廃物やリンパが滞ることでむくみが生じると、二重あごになることがあります。
二重あごを解消するためには、まずは原因となっているむくみを改善する必要があります。

ラメラエッセンスCが二重あご解消に役立つ理由!

上の4つのうちラメラエッセンスCが働きかけることで改善が見込めるのは、2番目の「フェイスラインのたるみ」による二重あごです。

その中でもさらに、肌のハリ不足によるたるみに対してラメラエッセンスCのフェース生コラーゲンが効果的なんです。

まずは写真の赤枠で囲った部分を見て下さい!

左側にラップを巻いたみずみずしいりんご、右側に水分を失って干からびかけたりんごが写っていますよね。
ハリを失ってたるんだ肌の内側は、丁度右側のりんごのような状態=水分が不足している状態です。

内側から表皮を支えるはずの水分やコラーゲン繊維が不足しているので、外側の表皮が重力に逆らうことができなくなってしまいます。

ラメラエッセンスCのフェース生コラーゲンは、加水分解コラーゲンの600倍の保水力を持つ成分です。
干からびたりんご状態の肌にうるおいを取り戻して、みずみずしいりんごの状態に戻してくれます。

さらに、ラメラ構造の乱れを正常化することで肌のバリア機能を正常化し、「そのまま放置されていたりんご」を「ラップを巻いたりんご」の状態にしてくれるんです。うるおいとハリがある肌をキープしてくれることで、二重あごの原因となっていたフェイスラインのたるみが解消します。

二重あごを解消したいときには、顔だけでなくフェイスラインやあごの下にもラメラエッセンスCを使うといいですね!

私がラメラエッセンスC以外に実践した二重あご対策とは?

もちろん、すべての二重あごがラメラエッセンスCを使うだけで解消できるわけではありません。
そこで、ラメラエッセンスC以外に私が実践した二重あご対策をご紹介したいと思います。

1.姿勢をよくする

二重あごを解消するための第一歩は、姿勢をよくすることです。
ただし、よい姿勢とは単に背筋がピンと伸びた状態をキープするだけではありません。
よい姿勢をとるためには、以下の3点に気をつけてみて下さい。

  • 背筋を真っ直ぐ伸ばす
  • 腰を反らさない
  • バストのトップが二の腕の真ん中にくるように、肩をやや後ろに引いて胸を張る

うつむいた状態や猫背の状態が長時間続くと、あごが前に出ることによって皮膚がたるんで二重あごの原因になります。

よくない姿勢が習慣になっているとよい姿勢を維持することが難しいと感じるかもしれませんが、意識して続けていきましょう。

2.ローラー美顔器でフェイスラインをケアする

よい姿勢の維持に加えて私が実践した二重あご対策は、ローラー美顔器による表情筋ケアです。
こうしてPCに向かって原稿を書く合間に、Y字型のローラー美顔器でフェイスラインや頬、首筋、デコルテなどの筋肉を刺激しています。

  • フェイスライン
    口角から頬骨、耳までのラインをローラーで刺激する

  • 口角から目の下まで下から上に向かってローラーで刺激する
  • 首筋
    首の付け根から頭に向かってローラーで上下に刺激する
  • デコルテ
    胸の中心から外側に向かってローラーで刺激する

二重あごが気になるからと言ってフェイスラインの筋肉ばかりを鍛えるのではなく、顔全体から首にかけての筋肉を鍛えるために4カ所を刺激します。

ローラー美顔器はやりすぎるとかえってたるみがひどくなったり痛みを感じたりすることがあるので、隙間時間に息抜きのつもりでやりましょう!

3.リンパマッサージでむくみを解消する

塩分の摂りすぎや飲酒、水分の摂りすぎなどのむくみによる二重あごを解消するためには、リンパマッサージがおすすめです。

保湿力のあるジェルやクリームを顔や首筋に塗った状態で、薬指と中指の腹を使ってマッサージします。

手順は以下の通りです。

  1. 首からあごに向かってなで上げる
  2. あごから耳下へフェイスラインを引き上げる

お風呂上がりなどにリラックスした状態でマッサージすると効果的です!

4.あいうえおエクササイズで表情筋を鍛える

「あいうえおエクササイズ」で口もとからあごにかけての筋肉を鍛えることも、二重あご対策として有効です。

あいうえおエクササイズは、大きく口を開けて「あいうえお」を10回繰り返すだけの簡単なエクササイズなので、忙しい人でも毎日続けることができます。

まとめ

今回はラメラエッセンスCと二重あごの関係について解説しました。

二重あごの原因はさまざまなので、ラメラエッセンスCだけですべて解決できるとは限りません。
でも、たるんだ肌にハリを取り戻してリフトアップするためには、ラメラエッセンスCが欠かせません。

ほかの二重あご解消対策と一緒に、ラメラエッセンスCでのスキンケアを実践してみて下さい!スッキリしたフェイスラインに1歩近づけますよ!